STORY

築40年の団地をリノベーション。
水回りの移設などには制限があったりするが、周辺環境の利便性や窓から見える景色、落ち着くサイズ感などちょうどいい暮らしができる空間です。
家族が長く過ごす空間は窓の外のグリーンを感じれるように作ったので、どこにいても優しい明るさが包んでくれます。制限がある中でもワクワクする暮らしのシーン生まれるようなつくりになっています。
今は夫婦で楽しめる空間で、子どもが産まれてきたら子どもも楽しめるように可変できるようにしています。
未来を想像してワクワクできる暮らし。

POINT1

家族とグリーンを愛でるキッチン

元々は壁の方を向いて料理するキッチンスペースでした。
窓の向こうには大きな桜の木のグリーンが広がっています。
そんなグリーンを見ながら料理出来るように二の字型のキッチンスペースにしました。
食事を作っている時に子どもが遊んでいる表情や会話を楽しむことのできます。

POINT2

多機能室でテレワーク

在宅で仕事をすることが多い世の中。明るく広いワークスペースを設けました。
子どもが産まれたらこの部屋で一緒にお絵描きや宿題もできます。子どもが仕事を身近に感じてくれて、小さいころから色々な可能性を発見できそう。この空間はワークスペース以外に「家事室」や「寝室」「子どものおもちゃ部屋」等家族のシーンに合わせて変化していきます。
暮らしにゆとりが生まれる空間です。

POINT3

家の中の小屋

畳1帖程の自分時間を楽しめる空間。
読書が好きなら、家に居ながらカフェ気分になれる居場所。
気分を変えてテレワークスペースとしても良いですね。
子どもは、おママごとやお店ごっこ。小さいころの経験が大人になった時の原体験になります。
心地いい居場所があると、そこで新しい何かが生まれる、そんな空間です。

その他の施工事例

contact 資料請求